多くの施設が既にWEBサイトは持っていますが、その効果測定は、残念ながら出来ていません。

同じプランでもあっても、女性と男性のライターでは、客層により、その効果は異なります。OTAによっても客層が違いますし、プランの打率も異なります。

効果測定をして、必然的に効果が期待できるWEBにアレンジしませんか。

施設の魅力が伝わっていますか?

旅行の主役は女性

旅行や観光の意思決定は、若年層になればなるほど女性の比率が高くなります。

実際にGoogleAnalyticsの男女比を見ると18歳~34歳では65%が女性の閲覧というデータもあります。

プランの内容は女性が書く事が鉄則

旅行や観光の意思決定は、女性は女性に共感し、男性は女性に追従します。

女性の書いた文章と男性が書いた文章では、それぞれの良さがあります。

旅館などのプラン名やその内容に関しては、女性が書いた文章の方がプランを見ている女性と共感を持てると感じています。

プロのライターがアレンジ

伝えたい事があったとしても、それを伝えるのはとても難しいです。

プロのライターがプラン内容を再構成します。キャッチフレーズ、プラン内容、写真などのチョイスに至るまで、アドバイスをさせて頂きます。

高度なWEB解析

まずは、自社WEBサイトにGoogleAnalyticsのトラッキングコードを実装しましょう。

変貌する予約形態

大手旅行社の雑誌などの紙媒体による団体旅行の募集形態から、じゃらんや楽天などのパソコン主体のWEBエージェントの時代となり、そして、現在はSNSなどの個人の口コミやスマホアプリでの予約となりました。

日本の人口も減っていますので、インバウンドも活用しなければなりません。ニーズが多様化しサービスも細分化される時代です。

世代交代が進む宿泊業界

昭和の時代、創業者の直感に頼り、従業員の人柄を売る事が正しい時代だったと感じています。

しかし、インターネット予約により、データ解析によるニーズの把握が必要不可欠となりました。

旅館や宿泊業も世代交代が進み、二代目や買収による世代交代が行われ、創業者の直感に頼ることなく、その旅館や宿泊施設にあった客層に、的確なサービスを提供する事が業績を伸ばす。

これからの基本ではないでしょうか。

WEB解析によって見える現象

GoogleAnalyticsという便利なツールがありますが、これら解析ツールは現象を明示してくれるツールであり、問題を解決するツールではありません。

例えば女性が65%訪問しているサイトがあった場合、具体的にどのようなアプローチをすれば予約率が上がるかなどの対策は人間しかできません。

セオリーはあったとしても、各旅館や宿泊施設のより答えが異なるので正解などありません。

トライアンドエラーを繰り返し、客観的な視点で最適化するのがコンサルティングの役割です。