メールマーケティングは企業のマーケティングで最も用いられている手法です。お手軽にコンテンツの作成ができ、ちょっとした仕組みの導入で見込み客へと一斉にメールを送信できます。

メールマーケティングは、とくにBtoBでは広告宣伝やセミナーの集客など自社の情報発信に活用している例がほとんどです。みなさんも、企業からマーケティング目的のメールを受け取ったことがあるでしょう。

メールでは、それが有益である!と思えますか?中には少々強引と思えるメールもありますね。メールのコンテンツは常にマーケターの悩みです。

セグメンテーションでメールマーケティングの効果アップ

メールマーケティングでもマーケティングのセグメンテーションは重要です。

メールマーケティングにおけるセグメンテーションは、ターゲットとなるメール受信者を絞り込み、そのニーズに合わせたメールコンテンツを作成するために欠かすことができません。

セグメンテーションは、メール受信者の年齢、性別、居住地域などの属性から分類されることが一般的です。

メールマーケティングでは、受信者の属性で分類するセグメンテーションの方法に加えて、行動パターンからセグメンテーションする方法も有効です。

例えば、ペット用品を買った方に、ペットと泊まれる宿の情報を提供できれば、それは効果的なセグメンテーションになると思いませんか?

メールマーケティングで有効なセグメンテーションは、特徴あるニーズでまとめられるメッセージを届けられる自社の優位性を見いだせる

を満たしていなくてはなりません。

メールマーケティングとは受信者に有益なコンテンツを送ること

メールマーケティングでは、配信されるメールが有益でないとみなされれば、今後のメールの配信解除(オプトアウト)を誘発します。リードとしてコンタクト情報を持っているものの、今後メールを送信することができなくなってしまいますので注意が必要です。

予約につなげるメールでは、自社の宣伝ばかりのコンテンツは、受信者にとってメリットが少ないだけでなく、宿にとっても案件のきっかけ作りにはなりません。それどころか、宿に対してマイナスのイメージを抱かれてしまうおそれもあります。

みなさんも、名刺交換後に一方的に送られてくる宣伝メールを受信したことはありませんか?そういうメールに限って配信解除ができなかったりしますが、今後も引き続き受信したいと思いますか?

メールマーケティングに最適な配信頻度について

メールマーケティングでよくある質問が、メールの「配信頻度」です。

もちろん、宣伝ばかりのメールを送りつける場合には、「配信解除(オプトアウト)」を減らすための最適なメール配信頻度を考える必要があります 。

あなたのメールマーケティングの目的を考えれば、配信頻度はターゲットとなる受信者の購買意欲の段階に依存するのではないでしょうか。それよりも、受信者が欲しがる有益な質の高いコンテンツを書ける頻度に依存します。

毎月のようにイベントをやっている地域では、書ける頻度が上がりそうですが、そうでない地域では、施設で何かしらのアクションが必要となります。

まだまだ情報収集をしている見込み客には、最新情報などを送ればよいでしょう。一方で、既にニーズが明確になっている見込み客には、詳細の情報などをもう少し高い頻度で送る必要があるはずです。

最適なメールマーケティングのために

メールマーケティングでは、広告宣伝がタップリつまったメールではなく、受信者の購買行動の段階に必要な情報を常に提供すべきです。

あなたの宿のブランドに好感を示すだけでなく、予約までつながるメールマーケティングを考えていく必要性があります。