山形県がこのほど発表した「山形県観光者数調査」によると、平成30年度の同県内主要観光地の観光者数(延べ数)は前年比3.1%増の4650万7千人で、過去最高となった。同県観光文化スポーツ部では好調要因として、新潟・庄内エリアプレデスティネーションキャンペーンや「山形日和。」観光キャンペーンなどの展開に加え、新規オープンした道の駅の入り込み好調を挙げる。
 
観光客の県内・県外の別を見ると、県内客は1.2%増の2629万8千人。県外客は5.6%増の2021万人と100万人以上の伸びとなった。

類型別では、道の駅が27.9%増の200万9千人、山岳観光地が1.5%増の82万5千人と伸ばした。

外国人旅行者数は台湾からの同県初の国際定期チャーター便の運航や外航クルーズ船の寄港増などにより堅調で、32.3%増の25万2289人となった。国別では最も多いのが台湾で13万6565人。以下、中国(香港除く、1万6422人)、韓国(1万3494人)だった。

まとめ

隣の山形県では、国内・国外のお客様をデスティネーションキャンペーンを上手く使った取り込みが出来ているようで、成功事例として分析すると面白そうですね。今年の4~6月に行われた、静岡県のデスティネーションキャンペーンの結果が今後の伊豆半島の観光事業を左右するのではないでしょうか。