個人の飲食店においては、WEBサイトを持つこと自体がハードルが高いです。

食べログ等も導線として有力ですが、Googleマイビジネスのオーナーになる事で、WEBサイトを持つ事が出来、 Google マップにも検索されるようになります。

非認証オーナーでも、店舗情報が出てきてしまうので、オーナーとなり管理する事をお勧めします。

Googleマイビジネスの活用

世界的なシェアを誇る「Google」

スマートフォンが普及した事により、様々な方法で検索が行えるようになりました。場所を問わず情報収集が出来る様になりましたが、その検索において圧倒的な検索エンジンシェアを誇るのが「Google検索」です。

世界中の検索エンジンにおいて、約95%のシェアを占めます。

《スマホ検索エンジンシェア》

  1. Google(94.36%)
  2. Baidu(2.26%)
  3. Yahoo(1.83%)
※参照:2016/8 StatCounter Global Stats – Browser, OS, Search Engine including Mobile Usage Share

Google マイビジネスとは

Google マイビジネスとは、Googleが「無償」で提供ししている、Googleの検索エンジンや Google マップなどのサービスと連携し、登録情報を利用者に表示されるサービスです。

店舗などの詳細情報をGoogle マイビジネスに登録する事で、電話やWEBサイトに誘導し売上アップが期待できるサービスとして注目を集めています。

Googleマイビジネスで出来る事

  • 住所や営業時間、電話番号や写真を登録できる。
  • 無償でWEBサイトテンプレートが利用できる。
  • クチコミによる顧客との交流ができる。
  • 分析機能により、年齢層や性別、検索ワードによりマーケットの動向を把握できる。
  • 端末の言語により情報の自動翻訳ができる。

Googleマイビジネスの先見

Googleはここ数年Googleマイビジネスに関するアップデートを頻繁に行っております。まだまだ拡張していくコンテンツだと感じています。

WEBを使って集客し、データを蓄積し活用する事で、現場レベルでの数字化できない感覚的な要素と、計測可能なデータに基づいた分析を組み合わせていく事で、必然的に売上アップを期待できます。