WEBサイトへの興味は3秒で決まる

WEBサイトにユーザーがたどり着いて、最初に目にする画面領域を「ファーストビュー」と呼びます。このある意味”出会い”の瞬間が特に重要です。

「人は第一印象の見た目が重要」と言われるように、WEBサイトも第一印象が重要な事は言うまでもありません。

特にユーザーの検索行動がピンポイントなほど細かく、そして”せっかち”になって言われている昨今、「ユーザーがそのWEBサイトを見るかどうか?3秒で決めている」という”3秒ルール”があるほどです。つまり、ユーザーは「自分が欲しい情報がそのサイトにあるかないのか、3秒で判断している」という事である。

だから、ファーストビューには、ロゴなどの社名・ブランド名、イメージ画像やキャッチコピー、コンセプト他、電話番号やコンタクトフォームなどのCTA(コール・トゥ・アクション=コンバージョンへの導線)も忘れてはなりません。

「ファーストビュー」をどう設計するか?WEBサイトが見続けてもらえるか?最終的なコンバージョンへ向かうキッカケを作れているか?まさに、一期一会の勝負が決まります。その瞬間で、いかにユーザーを惹きつけられるのか?あなたのブランドの魅力と期待感、そしてユーザーが求める情報への導線を盛り込む必要があるのです。