ねっぱん!の管理画面に重要なお知らせが掲載されておりました。ついにねっぱん!も【2019年7月1日】より有料化がスタートするそうです。

”拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。さて、このたび弊社では、「ねっぱん!サイトコントローラー」(以下、ねっぱん!)の無料サービスを 2019 年 6 月末日で終了し、後継サービスとして「ねっぱん!サイトコントローラー++(プラスプラス)」(以下、ねっぱん!++)を 2019年 7 月 1 日より有料でご提供させていただくこととなりましたのでお知らせいたします。

インバウンド需要を背景とした外資系 OTA の急速な拡大と技術進展に対応するため、開発スピードのアップやサポート体制の充実が急務であり、さらなる投資が必要と考えております。とのことです。

ただ有料化になるわけではなく、新しい機能を8つ追加する予定とのこと。
以下、新しい8つの機能になります。

1.ノーショー対策

現地決済しか対応していない予約サイトに対して事前決済が実現できるようになります。
昨今、ノーショーや直前キャンセルによる販売ロスが深刻化していますが、事前決済が可能になることで販売ロスの縮減を図ることができます。
※対応は弊社指定OTAのみとなります。

2.プラン一括登録

複数の予約サイトに対し一括でプランを登録します。
各サイトの管理画面を開いて何度も登録したり、入力ミスよる修正の手間もなくなります。
また、一度作成したプランのコピー機能を利用することで、簡単に新しいプランを登録することもできます。
※対応は主要OTAのみとなります。

3.プラン自動延長

各サイトでプランの販売期間を延長するのは手間であり、忘れてしまうと販売ロスにつながります。
複数サイトに対しプランの販売期間を一括で延長できることで、延長の手間を削減し販売ロスのリスクを回避できます。
※対応は主要OTAのみとなります。

4.サンクスメール

予約成立後や宿泊日前後にねっぱん!からお客様に自動でメールを配信することができます。
キャンセル率の低減やアップセル、リピーターの囲い込みなどに有効活用できます。

5.本部機能の強化

複数の施設を運営する法人(または個人)はログインし直す必要なく施設の切替ができます。
また、分析レポートを法人全体として一括集計できます。

6.サポート時間の延長

2019年7月より、サポートセンターの受付時間が「9時~21時」となります。従来より3時間長くなります。

7.月イチ勉強会の開催

2019年7月より、「ねっぱん!サイトコントローラー++」の機能を十分に活用していただけますように、毎月1回無料の「++勉強会」を開催いたします。
基本的には東京での開催になりますが、ご要望により東京以外での開催も検討いたします。

8.ねっぱん!操作代行サービス

2019年7月より、「ねっぱん!サイトコントローラー++」の一部操作を無料で代行し施設様のご負担をさらに緩和できるようにいたします。
ただし、操作代行サービスはリソースに限りがあるため申込順での対応となります。

ねっぱん!++の費用は?

皆さんが一番気になるであろう費用の部分ですが、これまでねっぱん!は無料で使用できましたが、2019年7月1日からは以下のようになります。

ねっぱん!基本機能
初期設定料:50,000円
月額利用料 5室以下の施設:5,000円
      6室以上の施設:8,000円
※複数施設を運営している施設様には別途見積可能!

まとめ

規模の拡大により、有料化しましたが、これからも価格が段々値段が上がっていく可能性がありますね。

ただ、有料化した事により、機能も拡大するので費用対効果が見込めるようであれば良いですね。