「目的志向型」と「問題回避型」に響く言葉の違い

「影響言語」のうち、代表的なタイプの一つは「目的志向型」と「問題回避型」があります。文字通り、「目的を達成する事を重視する」か「問題が起こらないことを重視する」という違いがあります。例えばビジネスで言えば前者は「どうすれば契約を有利に進められるか?」を”積極重視”するタイプであり、後者は「如何すれば契約が破談にならないか」を”慎重重視”するタイプがあります。

旅館の商品サービスとしては、「目的志向型」のコピーを活かしやすい性質もありますが、両方を活用できる場合は、意識的に使い分けてみると、タイプごとのユーザーの反応率が変わってきます。

  • 「目的志向型」に効果的な影響言語

例:「~ができる」「~が実現する」「~が手に入る」など

  • 「問題回避型」に効果的な影響言語

例:「~を避ける」「~をしなくて済む」「~の心配がなくなる」など