WEB集客に効く魔法の言葉「影響言語」

「マーケティングに心理学が有効」とは、よく言われることです。購買決定権者であるお客様の「行動」を司る「心理」に立ち返って、「もし自分だったらどう考えるか?どう行動するか?」を当てはめてみればお客様の考えや気持ちが把握しやすくなるものであり、有効性はごく自然のことと言えます。

心理学も幅広いジャンルがありますが、中でも「影響言語」の”タイプごとの響く言葉を司る”というナレッジは、言語をコンテンツとするWEBマーケティングには特に有効といわれています。キャッチコピーと合わせて広告文にも意識して活用すると、該当するお客様の反応率が向上しやすくなります。

Google Analyticsを使って、HPのお越しいただいているお客様を分析し、タイプを見極めて、そのお客様に合ったコピーで訴求する事が最も効果的です。

次回以降事例をあげながら、解説させて致します。