「お客様が何を買いたいのか?」という角度を大切に

4P分析は、供給側・・・すなわち”売り手側”のマーケティング戦略を講じる手法ですが、”買い手(宿泊者)不在”ということは有りませんか?買い手(宿泊者)が全くいないと言うことは、無いと思いますが、買い手の視線・視点・都合を前提に置いた上で、商品を検討する事が大切です。

「売り手が何を売りたいか?」ではなく、「買い手が何を買いたいか?」をお客様目線で、想像を膨らまし、データなどから検証と修正をしていく事が重要です。

特に現代のように、情報が溢れ、あらゆるものがコモディティ化(汎用化≒陳腐化)しつつある市場においては、「いかにお客様が求める本質を見極めて、商品やサービスの開発を行い、お客様のウォンツにどう応えていくか?」が鍵となります。

皆様は、お客様の立場に立つことを想像した時、お客様の顔が浮かんできますか?

お客様の顔が浮かんできた場合は、自分の立場でお客様の事を考えているのと同じです。

お客様の立場に立ったときは、自分の顔が浮かんでくるのではないでしょうか?