まずは「市場性」と「ユーザー像」を知ること

WEB集客のみならず、「商売」の基本中の基本、それは、市場が求めているコト・モノを掴むという「市場性」を探る事と、その市場内に存在する”買い手”の姿、すなわち「ユーザー像」を知ることが、マーケティング設計並びにプロモーションの始まりだといえます。よって、「3C分析」においても、「市場・ユーザー」の分析からスタートさせるのが必須セオリーとなります。

プロセスとしては、市場規模(滞在顧客の数、地域構成など)や市場の成長性と流行、市場ニーズとユーザーウォンツ、購買決定に至るまでの心理プロセス、購買決定者(BtoBであれば決裁権者、BtoCであれば家族構成を含めたキーパーソン)、そしてWEBサイト内外での購買行動プロセスといった観点で分析します。市場性や流行は”生き物”でありユーザーもそれに伴い、「変化」します。絶えずその潮流を感じられるアンテナを立てておく事が必要です。