自社の打ち出し方を見出す「3C分析」

3C分析とは、「市場・ユーザー(Customer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」の頭文字からネーミングされた分析手法です。自社を取り巻く市場環境を見つめ直し、自社のポジションや競合との優位性を策定するのに有効な分析です。

「市場・ユーザー」分析では、「自社のユーザーになり得るターゲットはどこにいるか?」というリサーチにも繋がりますし、「そのターゲットが求めているウォンツとは?」という掘り下げも重要です。

「競合」を知ることは、マーケティングの基本中の基本です。競合の旅館のサイトを見て、どういう打ち出し方や訴求を行っているかを分析し、「自社の優位性をアピールするにはどのような打ち出しが出来るか?」・・・など、差別化や独自化の手法を考案していくのです。

「自社」の分析では、「市場・ユーザー」と「競合」を照らし合せて、自社がどのようなポジションを獲れば、よりニッチな打ち出しができるか?そしてどのような戦略を立てれば、より独自性を打ち出せるかを考案していきます。

まず顧客となる「市場・ユーザー」、そして自社のポジションを確立するために「競合」、さらにそれら2要素に対してどう打ち出していくか、という視点で「自社」の順に策定していく事がセオリーです。