リスク要因は極力潰す事で死角を減らす

SWOT分析を構成する4要因の一つ「脅威」は、「外部要因」から見て、目標達成の障害となる要素を表しています。「弱み」と同じく、ビジネスの障害要素は、自社で事実として受け止めて、備えておく事が重要です。

一番のリスクは、「将来、身近に迫る可能性があるリスクに、自ら気づいていない事」です。リスク要因は、極力つぶしておく努力をする事で、来るべきリスクも陸でなくなる可能性もあり、死角を減らすことにつながります。