【「今すぐ買う理由」はユーザーの背中を後押しする】

 

何となく買い物をすることに罪悪感を持っているお客様は少なくありません。「貯蓄もしなくては・・・」「最近出費が多いし・・・」「これは浪費なのでは・・・」「本当に必要なものなのか・・・」など、お金を使うことにメンタルブロック・・・つまり、購入の心理的障壁を持っている人も少なくありません。お客様は「無駄な商品、自分の期待以下の商品を買うことで、大切なお金を失うという損失が怖く、嫌い」ます。

残念ながら、出費を抑えたいお客様は、購入障壁となる心理的ブロックとして、”買わない理由探し”をすることで、”買わないで済む安心材料”を求めてしまうのです。「欲しい気はするが、ここに気に入らない点があるから、諦める理由になる」・・・こんな感じです。

「買わない理由」の中には、「いま買う必要はない」という要素も含まれます。「いま買わなくても、いつでも手に入る」「念のため他のサイトも見てから・・・」「待てば安くなるのでは・・・」など、「保留」する材料があることで、やはり購入のメンタルブロックを積み上げてしまうのです。だからこそ、「今すぐ買う理由」を示す必要があるのです。