【ニッチ市場を創り出し、独自ポジションを獲る】

 

ランチェスター先着に則った弱者の戦い方の要点として、「地の利を活かして強い武器で戦う」という戦略がある。軍事で例えると、何の遮蔽物もない草原で一騎打ちをするような戦場だと、兵力全体が強く、兵量が多い軍に軍配があがるのが必然です。ビジネスであれば、コモディティ市場(普及品市場)においては、大資本企業に利があることを意味しています。

ではどうすれば良いか?

「地の利を活かして強い武器で戦う」のです。もう一度、軍事の例で例えると、狭い橋桁の上に誘い込んで、強い戦車を投入したり、森林に誘い込んで特殊訓練を受けた部隊が迎え撃つなど・・・兵数ではなく、個々の強さで勝負できるフィールドで戦うのです。

これをWEB集客の事例に戻してみると、例えば、ニッチなキーワードで検索上位を獲り、「専門家=スペシャリスト」という”強い武器”を活かしてポジション展開する事です。大企業が参入しないようなニッチ市場で、独自のポジションを創り出す。これがランチェスター戦略に基づく”小規模市場首位”の考え方です。