【ブランドづくりを能動的に仕掛けるのが「ブランディング」】

 

広告業界では「ブランディング」という言葉には日常に使われる用語であるが、零細企業の経営者に「ブランディング」といっても、ピンと来ない方は少なくないようです。

そもそも「ブランド」とは、「信頼の証」が原点であり、”カタチ”を持たないものです。その「無形の価値」を能動的に育てていき、ユーザーの目に分かりやすくしていく。つまり「カタチがないものに形をつけていく」・・・それが「ブランディング」なのです。そして、ブランドは”待ち”の姿勢で企業や商品サービスに宿るものではなく、自ら「ブランドを創っていく」「ブランドを育てていく」という意識のもと、備わってくるものです。ブランドが一朝一夕で備わるものではない事は言うまでもありませんね。

自らの商品サービスを極限まで研ぎ澄ます努力をし、”努力の結晶”を愛顧してくれる「お客様」であるユーザーを大切にする。自社の利益ではなく、まずユーザーに等価交換の対価以上、すなわち付加価値まで提供して満足度を高める。他のユーザーにも伝えてもらう努力をする。自ら育てたブランドを損なわないように、商品サービスはもちろん、立ち振る舞いまで最大限に配慮する。そのたゆまぬ努力によって、あなたのブランドは、お客様に長らく愛顧される強い力を持つものです。