KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)は何でも良いのか?

 

先日、ご紹介した「KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)」ですが、「設定するKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)は何でも良いのか?」という疑問が出るかもしれませんが、答えとしては、「はい、そうです。」

参考資料KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)無しでは語れないマーケティングとは?

というのも、理由としては、各企業、団体の商材、ビジネスモデルによって、目標が大きく異なるため、「KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)」も異なってくるからです。考え方の基本は、先日でご説明したとおりで、これはほぼ全ての場合にあてはまり、流行に左右される事は有り得ません。

宿泊施設の場合は、OCC(客室稼働率)ADR(稼働客室あたり売上単価)RevPAR(保有客室あたり売上単価)が代表的なKPIとされています。

次回以降は、「ネット」「リアル(実店舗)」「オムニチャンネル(ネットとリアルの融合)」それぞれ3つのケースでKPIの決め方について、ご説明したいと思います。

それでは、次回もお楽しみに!

日本屈指の観光地「伊豆半島」を拠点とし、旅館様へWEB集客に関するお手伝いをさせて頂いております!自分で経験し学んだ事を少しでも多くの方に共有できれば幸いです。どうぞお付き合い下さい!よろしくお願いします。

【JAPAN MENSA 会員】