【「量」より「質」を見る指標。これが決め手の因数になることも】

 

こんにちは!株式会社サイトプラスの遠藤駿です。

今回は、デジタルマーケティングで使われる解析指標の「1人当たりの指標」について詳しくご説明いたします。

1人当たりの指標について

「1人あたりのPV」や「1人あたりのセッション数(訪問回数)」は、PVとセッション数をそれぞれのUUで割って算出します。1人当たりに計算し直した指標は、WEBサイトの規模感(量)というよりも、「質」を評価する場合、また、マーケティング施策を考える際に非常に有効です。例えば

  • 1ヶ月のPVが100PV、UUが100人のサイトA
  • 1ヶ月のPVが100PV、UUが10人のサイトB

があったとします。1人当たりのPVを比べてみると、サイトAは1人あたり1PV(1PV/1人)、サイトBは1人当たり10PV(10PV/1人)となります。同じPVであっても、「ユーザーからの利用の程度」に10倍の違いがあることが分かります。ユーザーの質が良い、という言い方もできます。

また、これをマーケティング施策に、どのように活用できるかを簡単にご説明いたします。

サイトAの場合、全体PVを200PVにしてその価値を上げようとしたら、ユーザーをあともう100人増やす必要があります。一方、サイトBはあと10人増やせば計算上は目標を達成できる事になります。あくまで計算上なので、規模が大きくなる事で質が薄くなり、サイトBでも1人あたりのPVが10から5になっていく、と言った事はWEBサイトの成長過程でもよく起こる話です。施策での活用に話を戻しますが、1人あたりの指標が分かると、考え方が方程式なので、目標を達成するための具体的なプロセスのイメージがつかみやすくなります。

例:1人あたりPV×UU=全体PV ←PVを増やしたい場合、上げやすいほうをあげる。

この場合、「1人あたりPV」や「UU」は、掛け算の結果からすると全体PVの「原因変数(因数)」であり、全体のPVを上げるための方程式を構成する変数と言う事になります。

日本屈指の観光地「伊豆半島」を拠点とし、旅館様へWEB集客に関するお手伝いをさせて頂いております!自分で経験し学んだ事を少しでも多くの方に共有できれば幸いです。どうぞお付き合い下さい!よろしくお願いします。

【JAPAN MENSA 会員】