【世界のインバウンド伸び率、沖縄・京都・大阪が上位3位まで独占】

 

今回は、産経新聞から、日本のインバウンドについて有益な情報がありましので、ご紹介させて頂きます。

インバウンドで世界トップクラス

クレジットカード運営の米マスターカードが9月末に発表した「2018年度世界渡航先ランキング」によると、過去8年間の渡航者数の成長率を比較する「急成長渡航先ランキング」で沖縄、京都、大阪が1~3位を独占。北海道が7位、東京が11位に食い込むなど、他の国々を圧倒した。17年の渡航者数は東京が8位、大阪が19位だった。

調査は世界の主要162都市(都市圏)を対象に、ビジネスや観光で訪れた1泊以上の渡航者数などを集計した。2011年から毎年公表され、都市数や調査項目は年を追って拡大。今年は調査地点が30カ所増えた。マスターカードによると、各国の公的な統計資料などを基に調査され、日本は都道府県単位で集計。京都、沖縄は今回追加された調査地点だ。

急成長渡航先ランキング

急成長渡航先ランキングは、09年から17年にかけての渡航者の年平均成長率を示す数値だ。トップ10と、50位以内に入った日本の都市は次の通りです。

1位:沖縄 39.2%

2位:京都 27.8%

3位:大阪 23.6%

4位:成都(=チェンドゥ、中国) 21.6%

5位:廈門(=アモイ、中国) 20.5%

6位:プーケット(タイ) 18.5%

7位:北海道 18.4%

8位:アブダビ(アラブ首長国連邦) 18.2%

9位:ハノイ(ベトナム) 17.7%

10位:コロンボ(スリランカ) 16.9%

11位:東京 16.3%

35位:千葉 8.5%

調査地点に新たに加わった「沖縄」、「京都」がいきなり1位、2位にランクイン。

09~17年の8年間を通算すると、沖縄はインバウンドが約14倍京都は約7倍大阪は約5.5倍に増えた計算だ。大阪は前々回調査(16年度版、24.2%)、前回(17年度版、24.0%)の連続世界1位から陥落した格好だが、それを上回ったのは西日本の観光都市だった。一方、東京は前々回の5位(18.5%)、前回の6位(17.7%)から順位を落とした。

渡航者数ランキング

一方、各都市への渡航者数(人数)のランキングトップ10と、50位以内に入った日本の都市は次の通り。10位以内にアジアから5都市がランクインした。

1位:バンコク(タイ) 2005万人

2位:ロンドン(イギリス) 1979万人

3位:パリ(フランス) 1744万人

4位:ドバイ(アラブ首長国連邦) 1579万人

5位:シンガポール 1398万人

6位:ニューヨーク(アメリカ) 1313万人

7位:クアラルンプール(マレーシア) 1258万人

8位:東京 1193万人

9位:イスタンブール(トルコ) 1070万人

10位:ソウル(韓国) 984万人

19位:大阪 842万人

33位:北海道 566万人

1位から6位までは前年と全く同じ顔ぶれと順位だった。東京は前年の1115万人から78万人増え、順位を1つ上げた。大阪は前年の698万人から144万人増えたが、順位は17位から2つ下がった。

詳細なデータをみると、東京のインバウンドの訪問目的は「ビジネス」が24.7%、「観光など」は75.3%。大阪は「ビジネス」9.2%、「観光など」90.8%と違いがある。観光客の人数だけを計算すると、東京は約898万人、大阪は764万人と差が縮まる。

まとめ

調査にあたったマスターカードのミゲル・ガミーノ上級副社長(グローバル都市担当)は、都市におけるインバウンドの意義について、「多くの都市の経済にとって極めて重要。現地の人と旅行者の双方の生活を豊かにする」と解説しています。特に、世界で観光誘致競争が活発化し、「都市は旅行者の記憶に残る体験を提供すべく革新を続けている」と指摘しています。

以前の記事でも何度か紹介しましたが、日本政府は2020年のインバウンド数を17年の2869万人から約4割増の4000万人とする目標を掲げています。達成するには、交通インフラの整備や宿泊施設の拡充、外国人向けサービスの充実などさまざまな点で課題が多いです。アジア中の都市が観光地としての魅力を急速に高め、競争が激化する中で、日本の各都市もさらなる工夫と取り組みが求められています。

各都市だけでなく、伊豆半島のような都市から近い観光地にも訪日来訪者が回遊できるような仕組みと魅力作りをしていく必要がありますね。

それでは、次回もお楽しみに!

日本屈指の観光地「伊豆半島」を拠点とし、旅館様へWEB集客に関するお手伝いをさせて頂いております!自分で経験し学んだ事を少しでも多くの方に共有できれば幸いです。どうぞお付き合い下さい!よろしくお願いします。

【JAPAN MENSA 会員】