最新のSNS(Social Network Service)の動向についてまとめてみました!

 

今回は、移り変わりの早いSNS(ソーシャルネットワークサービス)の動向を国内外に分けて、ユーザー数の移り変わりを表わしてみました。

Facebook(フェイスブック)

国内

・月間アクティブユーザー数:2,400万人 ⇒ 2,800万人 

(参照元と期間:2015年3月 から 2017年9月

・月間アクティブ率:53.1% ⇒ 56.1% 

(参照元と期間:2014年12月 から 2015年6月

海外

・月間アクティブユーザー:15億9,000万人 ⇒ 22億3000万人

・日間アクティブユーザー:10億1,000万人 ⇒ 14億7000万人

・日間モバイルアクティブユーザー:8億9,400万人 ⇒ 11億5,000万人

(参照元と期間:2015年11月 から 2017年5月,2018年9月

ポイント

国内・海外ユーザー共に、伸び続けている「Facebook」。ビジネス(宿の予約ページなど)での利用も増えてきていて、相乗効果により、個人・企業共にFacebookの利用数が増えているようですね。

Twitter(ツイッター)

国内

・月間アクティブユーザー数:4,000万人 ⇒ 4,500万人

(参照元と期間:2016年9月 から 2017月10月)

・月間アクティブ率:60.5% ⇒ 70.2%

(参照元と期間:2014年12月 から 2015年6月

海外

 

世界全体ユーザー数(※):3億1,000万人 ⇒ 3億3,500万人

(参照元と期間:2016年6月 から 2018年9月

ポイント

若者の利用が多いため、若年層向けのプロモーションをする時に使われがちの「Twitter」。国内での月間アクティブ数が急成長している事が見て取れます。

LINE(ライン)

国内

・月間アクティブユーザー数:7,600万人以上

(参照元:LINE アカウント 2018年12-2019年3月期 媒体資料

・日間アクティブ / 月間アクティブ 率:85%

(参照元:LINE アカウント 2018年12-2019年3月期 媒体資料

・日間アクティブ / 全ユーザー 率:70.8% 

(2017年:LINE 2017年2月-2017年9月媒体資料)

海外

・全世界月間アクティブユーザー数:2億1,700万人以上

(参照元:LINE 2017年2月-2017年9月媒体資料)

・上位4ヵ国(※)月間アクティブユーザー数:1億6,800万人以上

(参照元:LINE アカウント 2018年4-6月期 媒体資料

・上位4カ国(※)日間アクティブ / 月間アクティブ 率:75%

(参照元:2017年12月期通期決算説明会)

(※日本、台湾、タイ、インドネシアを指す)

ポイント

国内では、スマホを持っていて「LINE」を入れていない人を探すのが大変なほど、普及している「LINE」。しかしアクティブ率が非常に高いため配信頻度が多い場合には、ブロックされてしまう可能性が高いため、ターゲットの年齢や利用時間を考えた施策が必要です。

instagram(インスタグラム)

国内

・月間アクティブユーザー数:1,600万人  ⇒  2,000万人

(参照元と期間:2016年12月 から 2017年10月

・月間アクティブ率:76.7% ⇒ 84.7%

(参照元と期間:2014年12月 から 2015年6月

海外

・月間アクティブユーザー数:8億人 ⇒ 10億人

(参照元と期間:2017年9月 から 2018年6月

・日間アクティブユーザー数:3億人 ⇒ 5億人

(参照元と期間:2016年7月 から 2017年9月

・日間アクティブユーザー数(ストーリーズ):4億人以上

(参照元と期間:2018年6月

ポイント

10代20代の女性を中心に利用されている「instagram」。海外では、30~40代を中心に人気があるとされております。手軽に発信できるため、他のSNSに比べ、手軽に情報を得られます。

最後に

今回は、最新のSNSの動向について紹介しましたが、SNSは今やテレビのCMなどのメディアと並ぶほどの拡散能力があります。上手くビジネスに利用できれば、費用をかけずに情報を流通させる事が出来ますので、ぜひ、ご活用下さい!

次回もお楽しみに!

日本屈指の観光地「伊豆半島」を拠点とし、旅館様へWEB集客に関するお手伝いをさせて頂いております!自分で経験し学んだ事を少しでも多くの方に共有できれば幸いです。どうぞお付き合い下さい!よろしくお願いします。

【JAPAN MENSA 会員】