【Google Analyticsの「チャネル」について】

 

今回は、Google Analyticsの「チャネル」について、解説させて頂きます。

チャネル」とは?

「チャンネルではなくて?」と思う方(私は思ってましたw)もいらっしゃったかもしれませんが、「チャネル」です。英語では、「チャンネル」と同じスペルですが、Google Analyticsでは、「チャネル」と表わすそうです。「チャネル」とは、Google Analyticsでは、「チャネルグループ」と表記される事が多く、Google Analyticsのヘルプでは、以下のように定義されております。

チャネル グループは、ルールに基づいてトラフィックをグループ分けしたものです。アナリティクスのレポートでは、最も一般的なトラフィックをグループ分けしたデフォルト チャネル グループ(「有料検索」や「ノーリファラー」など)に基づいて分類したデータを表示できます。これにより、各トラフィック チャネルのパフォーマンスを一目で確認できます。

参照元チャネルグループについて-Google Analyticsヘルプ

要はどういうことかといいますと、訪問者の流入経路です。

  • 検索によって訪問したのか?
  • 他のページから来たのか?
  • 広告などから訪問されたのか?

という事を判断するための、グループ分けです。

では、次にそのチャネルグループの分類と内容について解説していきます。

Organic Search(自然検索)

検索エンジンからの流入がここに分類されます。リスティング広告(検索結果に表示される有料広告)は除きます。

Paid Search(有料検索)

リスティング広告からの流入がここに分類されます。

Display(ディスプレイ)

ディスプレイ広告からの流入がここに分類されます。

Other Advertising(他の広告)

リスティング広告・ディスプレイ広告以外の広告からの流入がここに分類されます。

Affiliate(アフィリエイト)

最近副業などで流行の、アフィリエイトでの流入がここに分類されます。

Referral(参照元サイト)

他のWebサイトから流入した場合、ここに分類されます。

Social(ソーシャル)

ソーシャルメディア(FacebookやTwitter、instagramなど)からの流入がここに分類されます。

Email(メール)

メルマガなどのEメールからの流入がここに分類されます。

Direct(ノーリファラ―)

何かを経由せず直接流入した場合などに、ここに分類される。主に以下のような場合がある。URLを直接ブラウザに入力する以下が該当します。

  • ブックマーク
  • アプリ
  • メール
  • QRコード

Other

上記のどれにも分類されなかった場合に、ここに分類されます。URLのパラメータ設定がうまくできていなかった場合などが当てはまります。

最後に

以上が、「チャネル」の分類と内容になります。先日ご紹介した「WEBサイトへの訪問方法」とかなり近いですが、こちらは分析で使うための定義の説明でした。

関連記事:WEBサイトへの訪問方法

広告やアフィリエイトなどを利用される際には、費用対効果をしっかりと確認して、投資を考えて頂ければと思います。

また次回もお楽しみに!

日本屈指の観光地「伊豆半島」を拠点とし、旅館様へWEB集客に関するお手伝いをさせて頂いております!自分で経験し学んだ事を少しでも多くの方に共有できれば幸いです。どうぞお付き合い下さい!よろしくお願いします。

【JAPAN MENSA 会員】